足利短期大学附属高等学校

〒326-0808 栃木県足利市本城3丁目2120
TEL / 0284-21-7344 FAX / 0284-21-1380
 

教育方針 - 情操教育

 
情操教育

足利短期大学附属高等学校は、創立以来の伝統に支えられ、豊かな情操と品性を身に付けた、社会から求められる女性を育んでいます。

建学の理念は「和の精神」

本校では聖徳太子の「和の精神」を建学の理念にしています。毎朝の静座の時間では、聖徳太子の17条憲法から3カ条を唱和し、また、聖歌集からその折々の聖歌を合唱し、1日が始まります。週1時間の宗教の授業、花祭り・魂祭り・修養会などの仏教行事や、合唱コンクール・浴衣の着つけ教室・マナー講座などの学校行事を通じて情操を養い、人間性を育み、社会に信頼される人格の形成を目指しています。

親密な教師と生徒の交流

知育だけに偏らない人間関係を実現するには、教師と生徒の交流が大切です。本校は、マンモス校と違い、1学年を4クラスで編成し、生徒と先生の交流がとても親密です。キメの細かい指導が自慢です。学習指導だけでなく、進路指導、生活指導にも一人ひとりに目が行き届き、生徒の個性を大切にしたコミュニケーションが行われています。


朝の静座

姿勢をただし黙想する静座、17条憲法の1条の唱和、折々の聖歌の合唱。1日の始まりに心を落ち着け、姿勢を正し、一日の学校生活に取り組むための準備の時間です。

校内美化活動

たんなる、清掃だけにとどまらず、生徒の生活の場でもあるHRやその他、校内の整理・整頓、美化に取り組むことで、周囲への気付きと気配りができる、「美」にたいする情操を養います。


合唱コンクール

クラス対抗で実施されるコンクールは、クラス全体で盛り上がるイベントのひとつです。女子特有の美しい歌声が会場をつつみ、鑑賞している人々を魅了します。毎年、高レベルな合唱が繰り広げられています。本校では校内合唱コンクールを足利市文化ホールで行っています。プロのコンサートも催される場所で、本格的な雰囲気の中、クラスごとに歌声を披露する行事です。

浴衣の着装・装道礼法教室

情操人材教育の一環として、日本女性としての見出しなみを身に付けるために、装道礼法きもの学院より講師をお招きして実施しています。浴衣の着装教室は生徒に好評です。一人で着られることを目標に、生徒たちは思い思いの浴衣に袖を通し、日本の伝統文化を学んでいます。

マナー講座

和室での所作・畳の歩き方・ふすまの開け閉めの仕方・茶菓の出し方など、実習とビデオ講義を交えて学習します。多くの卒業生の方の協力のもと、相手への心配りや相手を大切に思う心を実感する意義ある取り組みです。


聖歌隊

私たち聖歌隊は、結成の当初は学校行事や宗教行事で全校生徒をリードして聖歌を歌うために作られました。
今では老人ホームへの慰問などにも力を入れ、PTA総会では保護者のみなさんへ感謝をこめた合唱を聴いていただくこともあります。
創部以来、毎年行ってきたコンサートも夏の開催に変えてから、学校の90周年の年には第10回をこえました。
サマーコンサートになってからは、聖歌隊のコーラスだけでなく、日程の合う年にはバトントワリング部の演技の合同発表もあり充実したステージとなっています。
私達の歌声を是非、聴きに来てください。

献灯 献香 献華

●係生徒の声
卒業式や入学式、花まつりなどの宗教行事で、生徒の代表として献灯・献香・献華を行っています。
仏教系の本校の大切な行事に行われるもので、華やかで厳かな場面での緊張する役目です。
全校生徒の前なので恥ずかしいですが頑張ってつとめています。


花祭り

釈尊降誕会「花まつり」では釈尊の誕生仏に甘茶をかけ、生徒が思い思いの花一輪を献華して釈尊のお誕生をお祝いします。

魂祭り

「盂蘭盆会」通称お盆の行事です。先祖の霊を供養し、感謝と敬いの心を養います。

成道会

釈尊が悟りを開いた事を記念して行われる法要(行事)です。

涅槃会・太子忌

涅槃会は釈尊の入滅(にゅうめつ)の日に、勤修される、釈尊の遺徳追慕と報恩のための法要(行事)です。
太子忌は、本校の建学の理念である「和の精神」の基となった、十七条憲法を定められた聖徳太子の遺徳追慕と報恩のための法要(行事)です。本校では二人の聖人の追悼を同じ日に行っています。