足利短期大学附属高等学校

〒326-0808 栃木県足利市本城3丁目2120
TEL / 0284-21-7344 FAX / 0284-21-1380
 

教育方針 - 人材教育

 
人材教育

知性と豊かな情操が調和した協調性「和」をベースに、今の社会で求められるリテラシーの向上を目指しています。

上級学校が面接で最も重視するポイントとして、コミュニケーション能力をあげています。本校の系列校である、足利工業大学看護学部や足利短期大学こども学科においてもコミュニケーション能力は必須の素養です。
小規模な本校では、生徒一人一人の創造性を活かしながら、協調性を尊ぶ「和」の建学の精神を伝統に、社会から必要とされるコミュニケーション能力を向上させるべく多彩な学校行事と宗教行事を行っています。
豊かな情操は教養へのモチベーションとなり、少人数コース制(特進コース)や選択授業(進学コース)、学校内外での実習(福祉教養コース)などの学習カリキュラムや各種検定試験の実践に反映されています。また、小規模学校でありながらも外部コーチや講師による指導もあるクラブ活動では、まさに個性と協調性が発揮される場です。


希望の進路と適性で選べる3つのコース制

本校は普通科なので、大学・短大・専門学校・就職のいずれにも対応できる進路体制を整えています。進学を目指す「進学コース」のほか、普通科の勉強もしながら福祉の知識も身につけられる「福祉教養コース」、入学時から大学受験を目標に定めた授業を展開する「特進コース」があります。

希望進路を達成する補習授業

実用英語検定、漢字能力検定、日本語検定、パソコン検定など、時代が求めるスキルの資格取得は、進学にも就職にも有利です。本校ではこれらの資格取得を応援するために、補習授業などを実施。多くの生徒が前向きに取り組み、毎回大きな成果をあげています。


英検・漢検

・英語・漢検合格生徒コメント
入学してまもなく英検と漢検の取得を勧められたので、両方とも2級を目指して受け始めました。
日々の授業の予習・復習をこなしながら検定の勉強に取り組むのは大変でしたが、毎日少しずつ進めていくことで合格していき、2年生のうちに英検準2級と漢検2級を取得することができました。特に英検は、一次試験から二次試験の面接まで英語の先生が全面的にサポートしてくださるので、安心して取り組めます。

書道

台湾での一番の思い出は、現地のインターアクターとの交流です。言葉や習慣が日本とは異なるので、最初はコミュニケーションをとるのに少し戸惑いましたが、台湾の方々はとても優しく、すぐに親しくなれました。交流の中では、事前に少し勉強をした中国語で自己紹介をしたり、中国語の歌を歌ったりもしました。また、有名な博物館や衛兵交代のセレモニーなどの見学もしました。4日間は、あっという間でしたが、貴重な経験をすることができ、人と関わることの素晴らしさを改めて実感しました。台湾での一番の思い出は、現地のインターアクターとの交流です。言葉や習慣が日本とは異なるので、最初はコミュニケーションをとるのに少し戸惑いましたが、台湾の方々はとても優しく、すぐに親しくなれました。交流の中では、事前に少し勉強をした中国語で自己紹介をしたり、中国語の歌を歌ったりもしました。また、有名な博物館や衛兵交代のセレモニーなどの見学もしました。4日間は、あっという間でしたが、貴重な経験をすることができ、人と関わることの素晴らしさを改めて実感しました。台湾での一番の思い出は、現地のインターアクターとの交流です。言葉や習慣が日本とは異なるので、最初はコミュニケーションをとるのに少し戸惑いましたが、台湾の方々はとても優しく、すぐに親しくなれました。交流の中では、事前に少し勉強をした中国語で自己紹介をしたり、中国語の歌を歌ったりもしました。また、有名な博物館や衛兵交代のセレモニーなどの見学もしました。4日間は、あっという間でしたが、貴重な経験をすることができ、人と関わることの素晴らしさを改めて実感しました。台湾での一番の思い出は、現地のインターアクターとの交流です。言葉や習慣が日本とは異なるので、最初はコミュニケーションをとるのに少し戸惑いましたが、台湾の方々はとても優しく、すぐに親しくなれました。交流の中では、事前に少し勉強をした中国語で自己紹介をしたり、中国語の歌を歌ったりもしました。また、有名な博物館や衛兵交代のセレモニーなどの見学もしました。4日間は、あっという間でしたが、貴重な経験をすることができ、人と関わることの素晴らしさを改めて実感しました。“心を育てる教育”の目に見える効果を墨筆を動かすことで表現できる活動。「心静かな時の書は穏やかな姿を示し、活力ある心の動きは躍動の書体を有する。」そんな思いを日常の活動の中で実践している私たち書道部は興味を持つ人すべてに門を開いています。
栃木県の教育書道展での金賞を始めとして、下野書道展、新年の書き初め展などにおいて数々の受賞を重ね今日に至っています。“豊かな心を育てる書道を楽しむ”そんなあなたの入部を待っています。
※進学コースの選択科目としても設定されています。


特待生

本校では2回の入学試験において全てのコースで特待生制度があります。学特推薦入試では、 中学校での学習にまじめに取り組んでいる方に、特待生制度のチャンスがあります。 学特併願入試では、入学試験の得点に応じて特待のチャンスがあります。それぞれの特待の内容は入試要項のページをご覧下さい。

小規模な本校の中でも特進コースは、少人数制です。
整った環境の中で、授業に集中できます。その上、先生方が熱心に指導してくれるので、目標に向かって日々努力している人にとっては心強い味方です。授業は、厳しい時もありますが、
思わず笑ってしまう時もあります。教室から見える足利の景色が、心を癒してくれます。そして、良きクラスメイトに恵まれ、充実した高校生活を送っています。

バトントワリング部のモットーは「常に笑顔、練習は本番通り、本番は練習通り」。この言葉を合い言葉に、日々全力で練習に取り組んでいます。
毎年、全国大会への出場と入賞を目標にしています。
経験者も、高校で初めてバトンを経験した生徒も、同じ目標に向かい本気で取り組んでいます。

バレーボール部は、応援し支えてくださる方々への感謝の気持ちを忘れずに、『全員で拾い全員で繋ぐバレー』を目指しています。
時に厳しく、時に楽しく、仲間と力を合わせ支えあいながら練習に励み、県大会上位進出を目標に取り組んでいます。