足利短期大学附属高等学校

〒326-0808 栃木県足利市本城3丁目2120
TEL / 0284-21-7344 FAX / 0284-21-1380
 

進路状況

 
進路指導について

本校生の進路は様々ですがそのほとんどは進学を目指して本校に入学しています。
なかでも、本校の系列校である足利大学看護学部・足利短期大学こども学科への内部推薦を目指す生徒が最も多数を占め、その内部推薦のための進路指導のシステムも充実しています。
また、両学部学科と共に同じ本城キャンパスに本校があることにより、自然に看護師、保育士へのあこがれをもつ生徒が多くなります。このため、系列校の両学部学科以外にも、看護系を含む医療系や保育・幼稚園教諭を含む教育・福祉系の進路実績も上がっています。3つのコースで生徒の希望に即した指導を行い進路の実現をめざします。


主な進路指導の例 各コース共通 (青)

放課後、夏季冬季休業中の補習
1・2年生ではスタディサプリの利用推奨と
サプリの到達度テストを導入
3年生では、その時の生徒の需要に応じて
放課後、夏季休業中の補習を実施。
特進コースは必修の夏季休業中の勉強合宿
学習へのモチベーションを上げるため、
1・2年生で実施しています。

福祉教養コースは様々な校外実習によって
卒業後の進路選択の重要な体験ができます。
施設実習、保育園実習、附属幼稚園の見学実習
大学見学会

1年 足利短期大学見学、2年 足利短期大学附属幼稚園見学
上級学校の例として施設を見学、
大学での授業や生活について学びます。
また、附属幼稚園の見学会で短大見学で学んだ
幼児教育の実践を見学します。


高校大学連携特別授業
1年  足利大学模擬授業
大学の教室でグループ別に模擬体験授業を受講します。
2・3年 希望者 足利短期大学での模擬授業を
年に数回受講します。
進路講演会
キャリア教育の一貫として、進路に関する的確なアドバイスや最新情報を入手するために進学情報専門の方をお招きし、進路講演会を行っています。

進路ガイダンス 学校別相談会
2年 3月 進路ガイダンス1回目
3年 7月 進路ガイダンス2回目
生徒の進路希望に沿った上級学校の先生方に来校いただき、生徒それぞれが希望にそった
学校の内容説明を受けることができます。
生徒の進路希望の変化に沿うため、2年生3年生で各1回開催しています。
 

※ 上記内容は、近年の実績です。実習や行事は受け入れ先や主催組織や費用などの関係で、時期や有無などの変更があります。


個性ある3つのコース

特進コース

  • 月~金の7時間授業
  • 2年生から文系・理系の少人数コース別授業
  • 隔週での土曜日の補習授業
  • 高学年では8時間目の時間帯での補習授業

進学コース

  • 2年生から希望進路によって選べる選択授業
  • 選択音楽は足利短大こども学科向けにピアノの個室指導を実施
  • 3年時からはさらに足利大学看護学部他看護系向けに数学演習

福祉教養コース

  • 1年生から週2時間の福祉関係の演習、実習
  • 夏季休業中には地域にある施設での実習の実施
  • 3年時には選択授業として、足利短期大学こども学科向け音楽、
  • 足利大学看護学部他、看護系向けの数学を実施
スタディサプリ

活躍する先輩たち

東京女子大学 教育学部

私が東京女子大学に惹かれたのはその校風でした。実際にオープンキャンパスに足を運び、勉強や部活動に生き生きと取り組む学生の姿を見て、自分も彼女達のような凛とした素敵な女性になりたいという思いを持つようになりました。私は心理学専攻ですが、この大学では学科や専攻の枠を超えた幅広い学びができるので、まだ将来の目標が定まっていない私にとって魅力的でした。文理に縛られず様々な事に関心を持ち、積極的に何でも挑戦したいと思います。つらかった受験期は、振り返ってみると自分が一番成長を実感した時期でもありました。足短附でお世話になった3年間は、忘れられない大切な思い出です。これからの4年間で自分の夢や目標を固めていこうと思います。


日本赤十字看護大学 看護学部

私は、幼い頃から人と関わることが好きで、将来は看護師として人の役に立ちたいという思いがありました。 日本赤十字看護大学への受験を決意するまでに、とても時間がかかりましたが、先生は親身になって最後まで寄り添ってくれました。 入試に向け、面接や小論文、グループディスカッションなどの練習を重ね、その度に的確なアドバイスをくれた先生には感謝しかありません。 受験勉強は辛くなることがたくさんあります。ですが、諦めない心、そして周りで支えてくれる人を忘れないでください。
一緒に夢を叶えましょう!


大妻女子大学 人間関係学部

私は子どもや子育て支援に興味があり、社会福祉士の資格を取得し、児童福祉施設や児童相談所の職員になることを目指しています。 大妻女子大学を選んだ理由は、当大学の人間福祉学科では、細かい履修モデルが設置されているため、自分の将来像に合った学びができると考えたからです。また、社会福祉士の国家試験合格率の高さも魅力に感じました。大学生活では福祉についての学びを生かし児童福祉への理解を深めると同時に、ボランティア活動に積極的に参加したいと考えています。 推薦入試では小論文と面接がありました。 小論文と面接の練習の他に、時事問題に関心を寄せたり、福祉についての基本的な知識を習得したりしました。不安も多くありましたが、先生方に協力していただき、様々な場合を想定して練習を重ねたことで、入試当日も落ち着いて試験に挑むことができました。 将来設計を明確にすることで受験へのモチベーションも変わると思います。悔いのない選択をし、夢に向かって頑張ってください。


獨協医科大学 看護学部

私は、病気や怪我で苦しむ乳幼児を救いたいと思い、看護師になることを目標としています。 獨協医科大学を選んだのは、隣接する大学病院で最新医療を体感し学べることや、医学部との共同講義により、早期からチーム医療が学べることに魅力を感じたからです。より専門的で高度な知識と技術を身に付けることで一人でも多くの患者さんを救える看護師になるため頑張っています。 推薦入試は、国数英の三教科と面接がありました。国数英の学科試験に向けて、たくさんの先生方に協力して頂き、補習やプリントを有効に使い、基礎から応用までを身に付けることができました。おかげで合格することができ、先生方にはとても感謝しています。 受験勉強は大変ですが、夢に向かって頑張ってください。


女子栄養大学 栄養学部

私は、自分の好きな食で様々な人の健康を支えたいと思い、管理栄養士を目指すことを決めました。 女子栄養大学を志望した理由は、病気になってからではなく病気を未然に防ぐ一次予防を教育理念としているところに惹かれたからです。 病を患う人の健康を支えるだけでなく、健康な身体をつくることを支えるのはとても重要だと感じました。 また、施設が充実していることも魅力の1つでした。 私が受験した指定校入試では、学科説明会レポートと小論文がありました。オープンキャンパスなどに積極的に参加をし、自分が受験したい学校の特徴などを捉えておくことが大切です。小論文は難しいと感じることがありましたが、多くの小論文を書くことに挑戦し、先生方のサポートのおかげで少しずつ慣れることができました。 受験勉強は辛いと感じることが多いと思いますが、毎日コツコツと勉強に励み、夢に近づけるよう頑張ってください。


日本保健医療大学 保険医療学部

私は、将来、患者さんに信頼してもらえるような看護師になりたいと思っています。 教養教育・専門教育が充実していて、最新の医療技術が学べる教育環境、大学の雰囲気に魅力を感じ、日本保健医療大学を選びました。自分の夢に向かって一歩一歩日々頑張りたいと思います。 推薦入試は、国・数・英の基礎学力問題と面接がありました。入試に向けて、先生方に協力していただき、プリントや補習などを有効に使い、合格することができました。先生方にはとても感謝してます。受験勉強は、大変ですが、自分の夢に向かって頑張ってください。


文教大学 人間科学部

私は、まだ将来の夢を見つけることができていません。しかし、高校三年間での福祉施設や小学校でのボランティア活動を通し、教員もしくは社会福祉の分野で活躍したいと考えるようになりました。 そこで、人間を総合的に理解する教育に力を入れ、多彩な領域の授業を開講している文教大学に魅力を感じ、志望しました。大学生活では、人間理解の知識修得に意欲的に取り組み、具体的な将来の夢を見つけていきたいです。 私が受験した指定校入試は書類審査でした。書類審査では三年間の評定平均が非常に重視されるため、毎日コツコツと勉強に励むことが大切だと思います。 悔いの残らないように頑張ってください。応援しています。


東洋大学 食環境科学部 健康栄養学科

私はスポーツ関係の管理栄養士になりたいと考えています。東洋大学では管理栄養士国家試験の受験資格を得られることや、スポーツ栄養といったカリキュラムがあり、自分の将来の夢に近づけると思い志望しました。 私が受験した総合型選抜では小論文と面接がありました。小論文ではたくさん書いて練習を重ねることや、学部の基本的な知識を身につけておくことが大切だと思います。面接ではたくさんの先生方と練習し、試験当日は落ち着いて面接することができました。 受験には評定平均が重要となってくるため、今のうちから定期テストでしっかりと点数を取ることが大切だと思います。自分の夢の実現に向かって頑張ってください。


獨協医科大学附属看護専門学校 医療専門課程看護学科

私は、命の最前線に立ち現場で一人でも多くの患者さんをサポートできる看護師を目指しています。 私が、獨協医科大学附属看護専門学校を志望した理由は、専任教員や講師の方の授業で医学の最先端を学ぶことができ、医療の現場に立った際に患者さんに対し適切な看護を行うことができると考えたからです。主体的に自らの課題に向き合い、看護師としての姿を身につけていきたいと思っています。 私が受験した指定校入試では、国語の基礎学力のテストと面接がありました。苦手教科であった国語は、毎日文章読解や漢字を行い、先生に指導してもらいながら対策をしました。 また、面接でも先生方のサポートのおかげで不安なく試験に挑むことができました。先生方には本当に感謝しています。 受験勉強は大変だと思いますが、悔いの残らないよう頑張ってください。